1. 日本人の睡眠不足解消に通販   >  
  2. 睡眠薬の危険性

睡眠薬の危険性

睡眠薬の危険にさらされる人

睡眠薬は市販のものから処方箋がないと入手できないものまで幅広く存在していますが、芸能人など世に名が知れた人が睡眠薬を服用して事故を起こしたりする事件が度々ニュースで流れてきます。このような事故などがあることで、睡眠薬は危険を伴う薬であるイメージを抱く人が多いのではないでしょうか。

睡眠薬のリスクとして起こりえるのが、薬の効果によってリラックスした状態になり、機嫌がよくなってペラペラとあらゆることを人にしゃべってしまうことでしょう。口頭でもメールでも、普段人に言えないようなことを睡眠薬を飲んでしゃべってしまうと、あとあと後悔したりトラブルになる可能性があります。

睡眠薬には効果持続時間が短いものと長いものがありますが、効果持続時間によっては朝起きた後も効果を引きずってしまい、眠気や倦怠感を覚えることがあるでしょう。この場合、通勤などで車を運転する方は特に危険で、交通事故に巻き込まれる可能性もあるのです。

もうひとつのリスクとして考えられるのが、依存です。最近の睡眠薬は依存性が低いものが多く開発されていますが、それでも一度睡眠薬を使い始めると、その効果の高さからなかなかやめられなくなるケースがあります。睡眠薬の依存性が低くとも、薬が無いと眠れないという精神的な依存に陥ってしまうことも十分考えられるのです。

他にも睡眠薬を服用するにあたり、考えられる危険性はいくつもあります。しかし、自分の睡眠の問題にあったお薬を選らんで用法用量を守って服用すれば、これらの危険性を少しでも回避できるでしょう。

睡眠薬の中には日本で承認されていないものもあり、その多くは海外では高い評価を得ているもので、依存性といったリスクも最小限に抑えられています。これらは海外医薬品を扱う通販サイトで購入可能です。