1. 日本人の睡眠不足解消に通販   >  
  2. 睡眠薬の効果持続時間

睡眠薬の効果持続時間

睡眠薬の錠剤

睡眠薬は睡眠障害や不眠症などで上手に睡眠が取れない時に飲むことで、快適な睡眠を手に入れるお薬です。病院で処方してもらうのが一般的ですが、最近では店頭やオンラインストアで販売されることが多くなり、個人輸入代行を利用して海外から取り寄せることもできるようになっています。

睡眠薬と一概にいっても、薬によって効果が持続する時間が異なるのです。効果持続時間ごとで分けると、下記のようになります。

・超短時間型:2〜4時間(マイスリー、ハルシオンなど)
・短時間型:6〜10時間(デパス、レンドルミンなど)
・中時間型:24時間前後(ネルボン、ベンザリンなど)
・長時間型:24時間以上(ダルメート、ドラール)

睡眠の質や状態によってどの薬を飲むか決めれば、より睡眠の問題が解決しやすいでしょう。なお、中時間型と長時間型の睡眠薬は24時間以上効果を発揮するので、翌日運転するという方は大変危険なので避けましょう。

超短時間型の睡眠薬は、睡眠障害の中でも入眠障害に適しているとされています。入眠障害はベッドに入ってもなかなか寝付けない症状なのですが、即効性が高く効果持続時間が短い超短時間型の薬ならスムーズに寝付くことができるでしょう。

夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒の睡眠障害では、短時間型の睡眠薬が向いていると言えます。中時間型と長時間型は早朝覚醒の治療で用いられることが多いようです。

効果の持続時間が短いタイプは、即効性が高く薬の影響が翌朝まで続かないことがメリットとしてあげられます。反対に持続時間が長いタイプは、深く長く眠れるというメリットを持っています。

このように、睡眠薬でも効果の持続時間が異なるため、ご自分の抱える睡眠問題に適した薬を選びましょう。